ハイブリット給湯器エコワン取付

金沢市H邸で電気温水器からハイブリット給湯器EcoOneに取り替えました。家族が増えて湯切れの心配があり、ご相談いただきました。。

Rinnai ハイブリット給湯器 エコワン RHP-R222 +RHBF-RJ245AW

取替後 完成  屋外

電気温水器 東芝製

取替前   屋内

息子さん夫婦が同居することになり、家族がこれまでの3人から6人に増えることでお湯切れが心配になりご相談いただきました。またこれまでの電気温水器は高温固定の為、温度調節はサーモスタットシャワ-カランでしていたそうです。洗面台のカランが古くなり混合がうまくできず熱いお湯にも困っていました。また息子さんのご家族が水圧の弱い電気温水器のシャワ-に不満で、人数が増えてもお湯切れが無く水圧が強い気持ちのいいガス給湯器を検討。さらに光熱費も抑えられるガスのエコジョ-ズと電気のヒートポンプの組み合わせた【ハイブリット給湯器 エコワン】を選んでいただきました。

屋内から巨大な電気温水器を外します ↓

外にエコワンを置く設置台を作ります。

屋内の電気温水器が無くなり広くなります。またこれまでの電気温水器には無かった追炊き用の循環配管と風呂リモコンを浴槽に新たに作ります。いったん天井に上げてから、システムバスの隙間に追いだき配管と風呂リモコンの配線を下ろします。

浴槽に循環金具の穴と壁面に浴室リモコンの穴を開けます。

風呂リモコンと追炊き循環金具を取り付けます。これまでのようにお風呂のお湯が冷めてから熱いお湯を上から落とし込まなくても、バスタブのお湯を循環して、沸かしなおしができるようになりました。またお風呂の中から給湯器の細かい操作ができるようになります。たとえばインタ-ホンから台所のリモコンと会話ができます。

屋外にEco One本体とヒートポンプユニットを設置します。

電気契約の変更に伴い、電気メ-タ-も変わります。(写真は交換前)

再生可能エネルギ-賦課金は現在1KWあたり2.98円 全世帯の電気料金に含まれてます。電気をたくさん使えば使うほど多く徴収されます。仮に1000kw使えば2980円が電気代に上乗せされます。今回は電気温水器を廃止したため深夜電気使用量は大幅に削減されるので賦課金は安くなり、基本料金も減額、昼間と真夏の電気単価も従量電灯Bに戻るので下がります。

写真(上)は台所リモコンのハイブリットモニタ-ですが、100㍑の貯湯タンクにヒ-トポンプで40℃程度のお湯を沸かして貯めます。所要時間は30分程度 昼間の電気で沸かします。朝、顔を洗ったり朝食で使うお湯はヒ-トポンプで貯めたお湯でも十分まかなえますが、万が一お湯が足りなくなったりもっと熱いお湯が欲しくなった場合は、ガス給湯器エコジョ-ズが瞬時に沸かしてバックアップします。夜のお風呂もヒ-トポンプで湯張りしながら足りない分、追炊きやシャワ-もガスのエコジョ-ズがカバ-します。

エコワンは余分なお湯を作りません。エコキュートや電気温水器の様に大型タンクで90℃近いお湯を深夜に作る必要はありません。家族の人数に合わせて丁度いいお湯を増やしたり減らしたり自由自在です。【気持ちのいいシャワ-、湯切れの心配がない安心感、光熱費削減ができるメリット、環境に貢献】省エネ大賞受賞のハイブリット給湯器がお勧めです。さらに浴室暖房器や床暖房器付きのエコワンもあります。オール電化のエコキュートにする前に、是非ご相談ください。

お買い上げいただきありがとうございました

リンナイ エコワンHP ➡ https://rinnai.jp/ecoone/

エコワン オ-ナ-ズボイスはこちらです こちらもご覧ください ➡ https://rinnai.jp/life/relax/ox/